お知らせ

石原教授が九州大学「主幹教授」の称号を付与されました。

シェアする:

石原 達己教授(I²CNER水素製造研究部門 主任研究者)が九州大学「主幹教授」の称号を付与されました。主幹教授制度は、2009年4月に確立された九州大学独自の制度です。その主旨は次の通りです。

 

 

(概要)

九州大学は、学術憲章に示すとおり、諸々の学問における伝統を基盤として新しい展望を開き、世界に誇り得る先進的な知的成果を産み出してゆくことを使命としており、そのためには、自由闊達な発想と洞察でもって、常に高みを目指し、新しい地平を切り開いてゆく挑戦が求められます。そこで、このような高度の研究活動を推奨・支援し、さらに活性化させるために、本学の教授のうち、その専門分野において極めて高い業績を有し、かつ、本学の研究戦略の先導的な役割を担う者に「主幹教授」の称号を付与する制度を制定しました。

 

 

I²CNERでは、すでに、佐々木教授、堀田教授、成田教授、高原教授、安達教授が主幹教授です。

石原 達己教授