国際産学連携ハブ

研究内容

3つの主要な研究ユニットはすべて、拡大成長を続ける産業界との交流を通じ、将来のI²CNERの科学的進展を適用可能な技術移転へと推移させることに直接的に貢献します。

国際産学連携ハブは、この高度な技術移転を確実なものにします。将来の国際産学連携ハブは、科学技術への投資のための政策指針を提供するだけでなく、可能な社会的受容と社会的影響の問題にも対処します。I²CNERは、最先端のエネルギー科学とエネルギー分析の両方の強みを活かして、今後30年間の日本のエネルギー転換に対する重要な方向性と支援を提供し、社会および経済的混乱を最小限に抑えながら2050年の炭素削減目標を達成します。

研究者

主任研究者

  • 氏名

    職名

    所属

Expand Fold

研究者一覧

  • 氏名

    職名

    所属

  • Kim, Hackho (PSIIC)

    准教授

    I²CNER国際産学連携ハブ マツダ次世代エネルギー貯蔵共同研究部門

Expand Fold