お知らせ

HyGrid研究会への参画について

シェアする:

I2CNERは、水素を活用した新エネルギー・社会システム(HyGrid)の実現に向けた研究会の発足に参画いたしました。

 

わが国における再生可能エネルギーの導入拡大の動き、海外特に欧州での水素を利用した再生可能エネルギー導入利用をサポートするプロジェクトの進展を鑑み、川崎重工業株式会社、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所、株式会社テクノバ、トヨタ自動車株式会社、株式会社ローランド・ベルガーは、中長期的な観点で、再生可能エネルギー大量導入時代をみすえた水素によるエネルギー貯蔵システムやCOフリー水素の導入など、従来のエネルギー供給系と水素利用を共益させたモデル「HyGrid」について検討を行う「HyGrid研究会」を発足しました。

本研究会は、HyGridモデルによる低炭素社会を2030年までに実現させることを目指し、地域単位で産学官等による検討体制を構築して、地域の実情に合わせた最適なエネルギー需給システム「HyGrid」について研究するとともに、地域経済を支える仕組みとしての可能性についても研究します。

なお、「HyGrid研究会」は、趣旨に賛同し、協働する企業、研究機関、公共団体等の参画を歓迎します。