研究成果

【プレスリリース】九州大学と双日、 分離膜を用い、大気から二酸化炭素を直接回収する技術と その関連技術の社会実装に関する覚書を締結

シェアする:

国立大学法人九州大学(以下「九州大学」)と双日株式会社(以下「双日」)は、大気から二酸化炭素(CO₂)を直接回収する技術(Direct Air Capture, 「DAC技術」)とそれに関連した最先端基盤技術の実用化・事業化の推進を図るための覚書を締結しました。九州大学と双日は、持続可能な社会の実現に向けて、最先端の実用化技術を活用した社会実装を通じて社会課題解決とカーボンニュートラルへの取り組みを推進します。

プレスリリース本文は九州大学HPよりご覧いただけます。

大気から資源を得る新しい炭素資源循環社会