研究成果

【プレスリリース】地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇活動の縮小 ~地震観測以外の新しい活用~

シェアする:

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)辻健教授(マルチスケール構造科学ユニット)らの研究グループは、首都圏に設置された地震計データから、新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会活動の低下を明らかにしました。

地震計データから季節や曜日、時間帯における人間活動の特徴を捉えたユニークなこの研究は、コロナ禍による経済・余暇活動の縮小を可視化し、人間活動をモニタリングする新しい指標として期待されます。

プレスリリース本文は九州大学HPよりご覧いただけます。

関連リンク
東京都の新型コロナウイルス新規感染者数(上図)と季節変動を除去した人間活動に伴う振動の強さの変化