研究成果

【プレスリリース】燃焼排ガスや空気からCO2を回収可能なガス分離膜『アミン含有ゲル粒子膜』を開発

シェアする:

谷口育雄准教授(マルチスケール構造科学ユニット)は、九州大学大学院工学研究院の星野友准教授、工学府修士課程の行部智洋(研究当時)らの研究グループ、および株式会社日本炭素循環ラボ(JCCL社)と共同でCO2を選択的に透過する高性能な分離膜『アミン含有ゲル粒子膜』の開発に成功しました。

プレスリリース本文は九州大学HPよりご覧いただけます。