お知らせ

高原教授が日本学術会議会員に任命されました

シェアする:

2011年10月1日付けでI²CNER主任研究者の高原 淳教授(水素製造部門)が、日本学術会議の第22期会員に内閣総理大臣から任命されました。

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという考えのもと、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、1949年1月、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。日本の人文・社会科学、生命科学、理学・工学の全分野の約84万人の科学者を代表する機関であり、210人の会員と約2,000人の連携会員によって職務が担われています。

高原 淳 教授