活動報告

2019年1月31日 NEXT-RP Workshopが開催されました。

 昨年まで、海外の研究所を訪問して開催していた NEXT-RP Workshop を、第9回目にしてはじめて九大 I2CNER で開催しました。
前日の Symposium で招聘していたイタリア(ITC-CNR)の Fedele 博士と Bobbo 博士、
さらには NEXT-RP の東教授、迫田准教授、宮良招聘教授、近藤招聘准教授と一緒に、約2時間にわたって最新の次世代冷媒に関する熱力学性質の測定結果について情報交換しました。 Workshop 終了後はNEXT-RP の実験室の見学会も行われました。


        東教授のあいさつ               東教授の発表   

       宮良客員教授の発表             近藤客員准教授の発表

  Fedele博士、Bobbo博士とのdiscussion

2019年02月12日

2019年1月30日HYDROGENIUS&I2CNER合同シンポジウムが開催されました。

I2CNER 第1研究棟2階の大会議室において、I2CNER と Hydrogenious の合同研究シンポジウムが開催され、本年度は NEXT-RP と関わりの深い二人の研究者をイタリアから招聘し、講演をお願いしました。

(1) Dr. Laura Fedele (ITC-CNR): “Phase Change Materials and Nanofluids as Innovative Materials for Energy Applications”

(2) Dr. Sergio Bobbo (ITC-CNR): "Thermophysical Properties for Low GWP Refrigerants”

プロジェクトの詳細はこちら→プログラム.pdf

      Fedele博士の講演                Bobbo博士の講演

     

2019年02月01日

2018年9月第1回HFO冷媒利用に関する国際会議(Sep.2-5, Birmingham, UK)にて発表しました。

1st IIR International Conference on the Application of HFO Refrigerants

日時:2018年9月2日~5日

場所: Birmingham, UK

Website: https://www.ior.org.uk/events/hfo2018

NEXT-RPメンバーによる発表リスト

  • 1. Kondou, C., Egawa, A., Koyama, S., “Evaporation heat transfer of HFC-32/HFO-1123 (60/40 mass%)flow in a horizontal microfin tube"
  • 2.Akasaka,R.,Higashi, Y.,Koyama, S.,"Development of the Equation of State for HCFO-1224yd(Z):Detailed and Extensive Evaluation of the Current Equation and Outlook for a New Equation"
  • 3.Kano,Y.,Kayukawa,Y.,Fujita,Y.,"Speed of Sound and Dielectric Constant Measurements for a Mixture of HFO-1123 and R-32 in the Gas Phase"
  • 4.Miyara,A.,Md.J Alam.,Kariya,K.,"Measurements of Transport Properties of Low GWP Refrigerant HCFO-1224yd(Z)(cis-I-Chloro-2,3,3,3-tetrafluoropropene;CF3CF=CHCI)
  • 5. Kondou, C., Tsuyashima, T., Higashi, Y., “Surface Tension Measurement for Low GWP refrigerants HFO-1123 and HCFO-1224yd(Z)”

 

2018年09月30日

平成30年度新規NEDOプロジェクトに採択されました。

平成30年度新規NEDOプロジェクト「省エネ化・低温室効果を達成できる次世代冷凍空調技術の最適化及び評価手法の開発」に採択され、平成30年8月1日に第1回研究者会議を開催いたしました。わが国のHFC削減目標に貢献すべく、研究を進めていきます。

第1回研究者会議参加者

プロジェクトの詳細はこちら→http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100991.html     (NEDOホームページに移動します)

2018年08月24日

第17回国際冷凍空調会議(Purdue Conference, IN, USA, 2018.7.9-12)にて、宮崎隆彦教授、迫田直也准教授、宮良明男教授、近藤智恵子准教授が発表します

日時:2018年7月9日~12日

場所:Purdue, West Lafayette, IN, USA

Website: https://engineering.purdue.edu/Herrick/conferences

NEXT-RPメンバーによる発表リスト

  • 1. Kondou, C., Koyama, S., “Heat Transfer and Pressure Drop of R1123/R32 Flow in Horizontal Microfin Tubes During Condensation and Evaporation”
  • 2. Kondou, C., Matsuzono, T., Higashi, Y., “Surface Tension Measurement of Low GWP Refrigerant Mixture HFO-1123/HFC-32 and HFO-1234ze(E)/HFC-32"
  • 3. Performance Evaluation of Heat Pump Cycle using Low GWP Refrigerant Mixtures of HFC-32 and HFO-1123
    Shigeru Koyama, Takahiko Miyazaki, Junki Hirayama, Nobuo Takata, Yukihiro Higashi
    Kyushu University, Japan
  • 4. The Analysis of Binary Fluid Ejector Assisted Solar Desalination System
    Olexiy Buyadgie1,2, Oleksii Draknia3,4, Takahiko Miyazaki3,5, Dmytro Buyadgie4, Igor Vasil'ev4
    1Wilson Engineering Technologies, Inc, United States of America; 2V.S. Martynovsky Institute of Refrigeration, Cryogenic Technologies and Eco Energetics, Ukraine; 3Kyushu University, Japan; 4Wilson, Ejector Technology Lab, Ukraine; 5Faculty of Engineering Sciences, Kyushu University
2018年07月04日

第9回アジア冷凍空調会議(ACRA2018, 札幌, 2018.6.10-13)にて、東之弘教授、宮崎隆彦教授、宮良明男教授、近藤智恵子准教授が発表します

東 之弘 基調講演 "Thermodynamic Properties of Next Generation Refrigerants"

宮崎 隆彦
"Effect of desorption temperature on performance of the desiccant dehumidification system"
"Condensation heat transfer of R1234ze(Z) in the vertical channels" "Evaluation of solid desiccant drying system for drying of grains"

近藤 智恵子
"Enhancement of R1234ze(E)Boiling on Copper Surfaces Modified by Laser Interference Surface Structuring"
"Surface tension measurement of low GWP refrigerant mixture HFO-1123/HFC-32

宮良 明男
"Thermal Conductivity Measurement of 1,1,1,3,3,3-Hexafluoro-2-Methoxypropane (R-356mmz) in High Temperature Region"
"Numerical Analysis of Double Tube Vertical Ground Heat Exchanger to Optimize the Size and Performance"
"Evaporation and Condensation Local Heat Transfer of R-32/R-1123 Mixture in a Plate Heat Exchanger"

 

2018年05月18日

第9回アジア冷凍空調会議(ACRA2018)が札幌で開催されます。(2018.6.10-13)

第9回アジア冷凍空調会議(ACRA 2018)が、下記の要領で開催されます。

キーノート講演者として、NEXT-RPメンバーの東之弘教授(九州大学)が講演いたします。
アジア地域の冷凍・空調関係の研究者、技術者が一堂に会し、
最新の学術的、技術的な情報交換を行う貴重な機会です。
みなさまの積極的なご参加をお待ち申し上げております。

会議名:The 9th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning (ACRA 2018)
日程:2018年6月10日(日)-13日(水)
会場:札幌コンベンションセンター(札幌市)
主催:日本冷凍空調学会
会議ウェブサイト:http://www.acra2018.org/

キーノート講演者
Prof. Ruzhu Wang (Shanhai Jiao Tong University) 
Prof. Ji Hwan Jeong (Pusan National University) 
Prof. Liang-Han Chien (National Taipei University of Technology) 
Prof. Yukihiro Higashi (Kyushu University)

お問合せ先
secretary@acra2018.org

 

2017年11月30日

熱交換器PJ委員会にてNEXT-RPを紹介しました

2017年3月15日 九州大学I2CNERホールにて、熱交換器プロジェクト委員会が開催され、大学・企業より約50名の参加者が集まりました。NEXT-RPメンバーの近藤先生(長崎大)、東先生(九州大学)が講演を行いました。またI2CNER、NEXT-RPの紹介、NEXT-RPの実験室の視察も行われ、多くの方に本センターの活動を報告することができました。

2017年03月15日

NEDOプロジェクト 第3回研究者会議が開催されました

1703meeting

2017年3月7日 NEDOプロジェクト「高効率低GWP冷媒を使用した中小型空調機器技術の開発/低温室効果冷媒の性能、安全性評価/中小型空調機器に適合する新規低GWP冷媒の物性評価および基本サイクル性能評価」の第3回研究者会議が、九州大学I2CNERで開催されました。NEDOプロジェクトの研究員が14名が集まり、研究の進捗状況の報告の後、活発な議論が交わされました。研究の情報交換の場として、とても有意義な会議になりました。

2017年03月07日

「NEXT-RPキックオフシンポジウム」が開催されました

2016年10月7日 九州大学I2CNERにて、NEXT-RP Kick-off Symposiumが開催されました。

シンポジウムスケジュール

I2CNERのソフロニス所長の開会の挨拶でスタートしたシンポジウムは、渡部康一先生(慶應大学名誉教授)、Dr. Eric Lemmon (National Institute of Standards and Technology)、Prof. Anthony Jacobi (University of Illinois at Urbana-Champaign)の3名の先生方の基調講演と続き、約80名の参加がありました。

2016年10月07日

NEXT-RPが設立されました

logo_i2cner_like_1

2016年4月に、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)内に、NEXT-RPが設立されました。

 ① 地球規模の環境問題およびエネルギー資源枯渇問題の解決への貢献

 ② 日本の空調冷凍及びエネルギー有効利用における先導的高度基盤技術の構築

 ③ 温暖化に関与しない環境調和型高効率次世代エネルギーシステム研究開発を支える知的基盤の提供

の3つの目的をもって、国内基盤研究拠点として国内外の研究機関を組織化し、ゼロODP(オゾン層破壊係数)、低GWP(地球温暖化係数)の環境負荷の小さい新規冷媒の熱物性、熱交換特性、及びサイクル基本性能に関する基盤研究を実施し、今後の自動車や住宅等を対象とした省エネ技術に貢献することを目的としています。

2016年04月01日