WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U

 

HOME > ニュース一覧 > 記事詳細

記事詳細

2015.08.07

I²CNERが「平成27年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会」に出展しました

8月5日(水)と6日(木)の2日間、インテックス大阪で開催された「平成27年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会」に、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)9拠点が参加しました。このイベントではSSH指定校の生徒が研究発表会を行い、生徒の科学技術に対する興味・関心を一層喚起するとともに、その成果を広く普及することにより、SSH事業を推進することを目的に開催されています。I2CNERは、東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)及び物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)と合同でブースを設置し、研究所の紹介を行いました。また「研究者ミニライブ」と題して行われたミニレクチャーにはWPI6拠点から各1名が参加し、I2CNERからはHelena Téllez学術研究員(電気化学エネルギー変換研究部門)が講演を行い、30名を超える聴衆に向けて高校時代から今までの歩みやI2CNERでの研究内容を紹介しました。今年はドイツや台湾など海外からも25校、約100名の高校生がブースで研究発表を行い、より国際色豊かなイベントとなりました。

 

「研究者ミニライブ」で講演するTéllez学術研究員

 

WPIブースで説明に耳を傾ける高校生たち

≪戻る

page top