WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U

 

HOME > ニュース一覧 > 記事詳細

記事詳細

2019.08.22

【プレスリリース】沖縄トラフの熱水循環域に大きなガス層を発見

カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER) / 九州大学大学院工学研究院地球資源システム工学部門 辻健 教授Andri Hendriyana(アンドリ  ヘンドリアナ)学術研究員椋本 浩太 修士学生は、地震探査データに対して新しい解析手法を適用し、沖縄トラフ軸部の熱水循環域というガス層が確認されていない地質環境で、大きなガス層を発見しました。

 

研究グループは、地下構造を可視化する地震探査の解析において、これまで手動で行っていた作業を自動化させ、さらに高度な解析アルゴリズムを組み込むことで、高い解像度で地下構造をイメージングする手法を開発しました。その手法を、沖縄トラフ軸部(伊平屋北海丘周辺)で取得された地震探査データに適用しました。その結果、これまで知られていない大きなガス層を見つけることに成功しました。沖縄トラフ軸部といった熱水循環域は、これまで大きなガス層の存在が知られていなかった場所であり、新たなタイプのガス層になります。

 

今回発見したガス層は、地球環境や天然資源を考える上で、重要な役割を担う可能性があります。今後は、本手法を使って、日本周辺の新たなガス層の発見を試みます。なお研究グループでは、同様の手法を南海トラフの地震探査データに適用し、紀伊半島沖でも新しいガス層を発見しています。

 

この成果は、2019年8月19日(米国時間)にアメリカの科学雑誌『Geophysical Research Letters』のオンライン版に掲載されました。

(注)地震探査データは、海洋研究開発機構によって取得されたものです。

詳しくはこちら→九州大学HP プレスリリース

 

論文:Large Gas Reservoir along the Rift Axis of a Continental Back-arc Basin Revealed by Automated Seismic Velocity Analysis in the Okinawa Trough

著者:Kota Mukumoto, Takeshi Tsuji, Andri Hendriyana

学術誌:Geophysical Research Letters

DOI : 10.1029/2019GL083065

 


≪戻る

page top