WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U


 

HOME > ニュース一覧 > 記事詳細

記事詳細

2015.12.15

I²CNERアニュアルシンポジウム2016を開催いたします

 

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)は、平成28年2月1日(月)・2月2日(火)に同研究所内I2CNERホールにおいて、"I2CNERアニュアルシンポジウム2016~I2CNER Computational Solutions to Fundamental Problems in Carbon-Neutral Energy Research計算科学によるカーボンニュートラル・エネルギー研究の基礎的問題の解決に向けてを開催いたします。

I2CNERのミッションであるエネルギー関連分野の技術的展開に不可欠な計算科学の発展について、計算科学及び実験分野から第一線の研究者が集結し、各研究分野での最先端の研究状況を紹介しながら議論を行います。2日間にわたるシンポジウムでは、計算科学分野において非常に重要な最先端の5つのテーマについて議論します。最先端かつマルチスケールな計算科学的アプローチでの発展について、広範囲な議論を通し方向性の提示を目指します。


 

Program Program Program Program Program Registration Registration Registration Registration Link

 

■■■I2CNERアニュアルシンポジウム2016

~I2CNER Computational Solutions to Fundamental Problems in Carbon-Neutral Energy Research~■■■


<スケジュール>

日時: シンポジウム 平成28年2月1日(月) 8:30 - 16:30

                 平成28年2月2日(火) 8:30 - 17:30

           懇親会           平成28年2月2日(火) 17:30 - 19:00

会場:  九州大学伊都キャンパス I2CNER第1研究棟

参加費:無料(レセプションに参加する場合は、当日1,000円を申し受けます)

言語:英語(通訳なし)

開催案内:ダウンロード

参加登録:オンライン登録は締め切りました。ご参加希望の方は当日上記会場までお越しください(受付:8:00~)

 

<プログラム>

全体プログラム(PDF)


2016年2月1日(月) Day 1

                       8:30-9:00     Welcome & Introduction

Subtheme 1 - Molecule/Surface Interactions

                         9:00-9:25     Paul Kenis, I2CNER, University of Illinois

                         9:25-9:50     John Keith, University of Pittsburgh

                       9:50-10:15     John Kilner, I2CNER, Imperial College, London

                     10:15-10:40     Bilge Yildiz, Massachusetts Institute of Technology

 

 

Subtheme 2 - Transport of Ions Through Solids and High Temperature Modeling 

                       11:00-11:30     Harry Tuller, I2CNERMassachusetts Institute of Technology 

                       11:30-12:00     Bilge Yildiz, Massachusetts Institute of Technology

                       12:00-12:30     Christodoulos Chatzichristodoulou, Technical University of Denmark

                       12:30-13:00     Anil Virkar, The University of Utah

 

                       13:00-14:30       Lunch

 

Subtheme 3 -  Molecule/Molecule Interactionscharge transfer and chemical reaction dynamics

                        14:30-15:00     Tom Rauchfuss, I2CNERUniversity of Illinois  

                        15:00-15:30     Seiji Ogo, I2CNERKyushu University 

                        15:30-16:00     Luca De Gioia, University of Milano-Bicocca 

                        16:00-16:30     Kazunari Yoshizawa, I2CNER, Kyushu University 

                     *****************************************************************************

2016年2月2日(火) Day 2

                            8:30-8:45     Welcome & Introduction

Subtheme 4 - Pore-scale flow processes

                            8:45-9:15     Michael Celia, Princeton University (video) 

                            9:15-9:45     Ken Christensen, I2CNERUniversity of Notre Dame

                          9:45-10:15     Takeshi Tsuji, I2CNER, Kyushu University

 

Subtheme 5 - Linking of atomistic to continuum scales

                        10:45-11:15     Ian Robertson, University of Wisconsin 

                        11:15-11:45     Jörg Neugebauer, Max-Planck-Institut für Eisenforschung

                        11:45-12:15     Brian Somerday, I2CNER, Sandia National Laboratories 

                     *****************************************************************************

                         12:15-14:15     Working Lunch -Focused Break-Out Group Preliminary Discussions

                         14:15-15:30     Preliminary Reports from Break Out Groups to All Participants

                         15:30-16:15     Focus Groups Reconvene 

                         16:15-17:30     Closing

                     *****************************************************************************

                         17:30-19:00       Poster Session / Reception

                     *****************************************************************************

 

■■■I²CNER / EnMaCh Joint International Symposium

“Carbon Neutral Energy Production, Conversion, and Storage”■■■

*光エネルギー変換分子デバイス研究部門 

*電気化学エネルギー変換研究部門

日時:2016年2月3日(水) 8:50-17:40

会場:KKRホテル熊本

主催:九州大学 I²CNER 光エネルギー変換分子デバイス部門・電気化学エネルギー変換部門

熊本大学 創エネルギー物質化学 (EnMaCh)

プログラムはこちら

参加登録:オンライン登録は締め切りました。


■■■I2CNER International Workshop 2016■■■ 

*水素貯蔵研究部門 (プログラム

*触媒的物質変換研究部門プログラム

*CO2分離・転換研究部門プログラム

*CO2貯留研究部門プログラム

*エネルギーアナリシス研究部門プログラム

日時:2016年2月4日(木) / 時間は部門により異なります。詳細はプログラムをご確認ください。 

会場:九州大学伊都キャンパス内/各部門により異なります。詳細はプログラムをご確認ください。

参加費:無料

言語:英語(通訳なし)

参加登録:オンライン登録は締め切りました。当日会場にてご登録ください。

 

■■■HYDROGENIUS & I2CNER Joint Research Symposium■■■

*水素適合材料研究部門(金属材料)プログラム

*水素適合材料研究部門(トライボロジー)プログラム

*熱科学研究部門(物性)プログラム

日時:2016年2月4日(木) / 時間は部門により異なります。詳細はプログラムをご確認ください。 

詳細はこちら

会場:九州大学伊都キャンパス内各部門により異なります。詳細はプログラムをご確認ください。

参加費:無料

言語:英語(通訳なし)

参加登録:オンライン登録は締め切りました。当日会場にてご登録ください。

 

<全部門スケジュール一覧> : 準備中

 

■■■水素先端世界フォーラム2016■■■

日時:2016年2月3日(水)

主催:九州大学 水素材料先端科学研究センター

詳細はこちら

 

キャンパスへのアクセス

 

シャトルバス時刻表

≪戻る

page top