WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U


 

HOME > セミナー&シンポジウム一覧 > 記事詳細

記事詳細

2014.12.19

2014年12月12日(金)I²CNER東京シンポジウム"Japan - US Collaboration on Energy"を開催しました

 

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)は、2014年12月12日(金)にTKPガーデンシティ品川・ネクサスにおいて、文部科学省、日本学術振興会、米国大使館の後援により「I²CNER東京シンポジウム Japan-US Collaboration on Energy」を開催しました。文部科学省から土屋定之文部科学審議官、行松泰弘基礎研究振興課長、岩渕秀樹基礎研究推進室長、米国大使館からキャロライン・ケネディ駐日米国大使、ジェフリー・ミラーエネルギー担当官ほか、各国大使館関係者、エネルギーに関する企業関係者など約130名が参加しました。

 

久保千春九州大学総長、土屋定之文部科学審議官、黒木登志夫WPIプログラム・ディレクター、キャロライン・ケネディ駐日米国大使の挨拶の後、ペトロス・ソフロニスI²CNER所長がI²CNERの研究活動を紹介し、世界的なエネルギーソリューションにおける科学研究の国際化について講演を行いました。その後、カーボンニュートラル・エネルギー社会に向けた日本と米国における学術・研究機関の連携について、板岡健之I²CNERエネルギーアナリシス研究部門長代理、辻健I²CNER CO2貯留研究部門長、ケニス・クリステンセンノートルダム大学I²CNER CO2貯留研究部門教授、小江誠司I²CNER触媒的物質変換研究部門長らがそれぞれの取り組みを報告しました。また、特別講演としてサイラス・ワディア米国科学技術政策局アシスタントディレクターから二国間のエネルギー政策についてご講演いただき、國武豊喜北九州産業学術推進機構理事長からは日本におけるCO2マネジメントについてご講演いただきました。

 

このほか、ジェームス・スタビンス イリノイ大学I²CNERエネルギーアナリシス研究部門教授がモデレーターを務め、藤川茂紀I²CNER CO2分離・転換研究部門長らが参加したパネルディスカッションでは、日米間のエネルギー問題について登壇者と参加者による活発な意見交換が行われました。最後に堂免一成WPIプログラム・オフィサーが同シンポジウムの総括を述べられ、盛況のうちに終了しました。

 

土屋定之文部科学審議官            キャロライン・ケネディ駐日米国大使

 

 

ペトロス・ソフロニス所長     サイラス・ワディア米国科学技術政策局

                 アシスタントディレクター

 

 

開催報告

 

<<OPENING REMARKS>>

Chiharu Kubo, President, Kyushu University

 

<<GREETINGS>>

Sadayuki Tsuchiya, Deputy Minister, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)

 

Toshio Kuroki, WPI Program Director

 

Caroline Bouvier Kennedy, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary, The U.S. Embassy in Japan

 

             

“Internationalization of Scientific Research in the Search for Global Energy Solutions”

Petros Sofronis,  I²CNER, Director, Kyushu University, University of Illinois at Urbana-Champaign

             

 

<<SESSION I>>

INTERNATIONAL RESEARCH FOR ADVANCING CARBON-NEUTRAL ENERGY TECHNOLOGIES

 

"International Approach to Developing Technologies for Aggressive CO2 Emissions Reduction by 2050”

Kenshi Itaoka, Energy Analysis Research Division, I²CNER, Kyushu University

 

"Unraveling Pore-Scale Processes Central to Safe and Reliable Geologic CO2 Storage Through a Collaborative Numerical, Experimental, and International Approach”

Takeshi Tsuji, Lead Principal Investigator, CO2 Storage Research Division,  

I²CNER, Kyushu University

Ken Christensen, Professor and College of Engineering Chair in Fluid Mechanics,  

I²CNER, University of Notre Dame

 

"Inspired by Nature—New Energy Sources from Hydrogenase Model Complexes”

Seiji Ogo, Lead Principal Investigator, Catalytic Materials Transformations 

Research Division, I²CNER, Kyushu University

 

<<SESSION II>>

INITIATIVES FOR CARBON-NEUTRAL ENERGY APPROACHES IN JAPAN AND THE U.S.

 

"Federal Energy and Materials Policy, Opportunities for Bilateral Cooperation”

Cyrus Wadia, Assistant Director, Clean Energy and Materials, R&D, The White House Office of Science and Technology Policy

 

"The Future of CO2 Management in Japan”

Toyoki Kunitake, President, Kitakyushu Foundation for the Advancement

of Industry Science and Technology

 

<<PANEL DISCUSSION>>

Jim Stubbins, Moderator, Professor and Head, Department Nuclear, Plasma, and Radiological Engineering, I²CNER, University of Illinois at Urbana-Champaign

Toyoki Kunitake

Cyrus Wadia

Takeshi Tsuji

Shigenori Fujikawa

Ken Christensen

Kenshi Itaoka

 

<<CLOSING REMARKS>>

Kazunari Domen, WPI Program Officer



≪戻る

page top