WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U


 

HOME > セミナー&シンポジウム一覧 > 記事詳細

記事詳細

2013.03.19

I²CNERが「科学・技術フェスタ」に出展しました

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)は、2013年3月16日(土)~17日(日)、京都パルスプラザ(稲盛ホール、大展示場)で開催された「科学・技術フェスタ」に、世界トップレベル研究拠点(WPI)プログラムの1拠点として他の5拠点と共に出展しました。I²CNERは、大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)との合同ブースを設置し、「世界トップレベルの研究に触れてみよう!」をテーマに、実験やミニレクチャーを行い、2日間で500名以上の方が訪れました。

 

   

 

I²CNERとIFReCの合同ブースでは、『免疫学』と『エネルギー』をテーマに研究者がミニレクチャーを行いました。I²CNERからは3名の研究者がミニレクチャーを行い、最先端の二酸化炭素の回収・貯留技術や、炭素原子のシート“グラフェン”の技術開発、素粒子の世界を紹介しました。

 


『I²CNERにおける世界最先端

のCCS技術』

谷口 育雄 博士 

(九州大学 I²CNER 准教授)

 

『炭素と燃料電池:

グリーンテクノロジーの未来』

Stephen Lyth 博士 

(九州大学 I²CNER 助教)

 

『理論化学:

量子の世界へGo!』

Aleksandar Stakov 博士 

(九州大学 I²CNER 助教)

  

【中央】

衆議院議員 津村啓介氏

  

水素自動車を作りました!

【左から】

文部科学省

研究振興局基礎研究振興課

基礎研究推進室長

上田光幸氏、

科学技術政策担当大臣

山本一太氏

【左から】

大阪大学の『ワニ博士』、

I²CNERの『二酸化炭素のキャラクター』

≪戻る

page top