WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U


 

HOME > セミナー&シンポジウム一覧 > 記事詳細

記事詳細

2013.02.20

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所竣工式典を開催しました

 

1月29日、九州大学は、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)研究棟竣工式典を伊都キャンパスの同研究所のホールにて開催した。同研究所は、文部科学省が平成19年に開始した「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に、平成22年度採択されたもので、水素エネルギーを基盤とする社会に向け、水素を安全に生産・貯蔵するための利用技術や、二酸化炭素の回収や貯留技術、あるいは二酸化炭素を有用製品へ転換する技術などを模索している。今回、I²CNERの研究棟が竣工したことにより、さまざまな分野で活躍する研究者が集う環境が構築され、今後の異分野融合等の活動を支える重要な基盤となる。

 

竣工式典では、有川節夫九州大学総長及びペトロス・ソフロニス九州大学I²CNER所長による挨拶に続いて、井村裕夫WPIプログラム委員長、森本浩一文部科学省大臣官房審議官、小川洋福岡県知事、黒木登志夫WPIプログラム・ディレクター、モンテレー・ガーディナー米国エネルギー省技術開発マネージャー、ピーター・シファー米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校副学長から祝辞が述べられた。

 

竣工式典終了後、近藤昭夫九州大学施設部部長による研究棟の紹介および施設見学が行われた。本研究棟は、その研究活動に相応しいダブルスキンによる断熱性能の向上、屋上緑化、吹き抜け階段を利用した自然換気を備えた施設であるとともに、建物外形は*キーリングカーブを表現している。本竣工式典には、13カ国に渡る国内外の研究者、福岡県関係者、企業関係者、学生、教職員、報道関係者ら延べ200名以上が出席し、同研究所に対する多くの期待が寄せられた。

 

* 1958年、チャールズ・デービット・キーリング博士がハワイのマウナロア観測所において、大気中の二酸化炭素濃度の観測を継続的に実施し、二酸化炭素濃度が長期的に増加していることを世界で初めて証明。

 

       

 

  

 

I²CNER New Building Completion Ceremony

 - Greetings:

      President of Kyushu University, Setsuo Arikawa

      Director of I²CNER, Petros Sofronis

 - Congratulatory Addresses:

      Chairperson of WPI Program Committee, Hiroo Imura

      Deputy Director-General of the Research Promotion Bureau, MEXT, Koichi Morimoto

      Governor of Fukuoka Prefecture, Hiroshi Ogawa

      Program Director of WPI Program, Toshio Kuroki

      Technology Development Manager, Office of Hydrogen, Fuel Cells and Infrastructure Technologies, U.S., DOE,

      Monterey R. Gardiner

       Vice Chancellor for Research at the University of Illinois at Urbana-Champaign, Peter Schiffer   

 - Ribbon-Cutting 

 

I²CNER Annual Symposium 2013 Session 1 (YouTube)

 - Outline of I²CNER: Director of I²CNER, Petros Sofronis

 - Keynote Lectures

    "Role of hydrogen as zero emission energy (CO₂free hydrogen)"

    Kawasaki Heavy Industries, Ltd: Dr. Eiichi Harada

    "Energy: the Next Fifty Years"

    Argonne National laboratory: Dr. George Crabtree

 

I²CNER Annual Symposium 2013 Session 2 (YouTube)

 - Topical lectures

    "Hydrogen Production by using Solar Energy"

    I²CNER of Associate Director: Tatsumi Ishihara

    "A Mechanistic and Modeling Study of H₂-Accelerated Fatigue in Low-Strength Steels"

    I²CNER of Lead Principal Investigator: Brian Somerday

    "Nanocarbon-based Novel Fuel Cell Catalysts with Very High Performance"

    I²CNER of Principal Investigator: Naotoshi Nakashima

    "Carbon Diozide Sequestration Research for Risk Assessment and Mitigation"

    I²CNER of Satellite Associate Director: Kenneth Christensen

 - General Comments: Program Officer of WPI Program, Nobuhide Kasagi

     

≪戻る

page top