WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U

 

HOME > ニュース一覧 > 記事詳細

記事詳細

2019.09.03

有機分子のスピン変換遷移状態を解明

カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER) 光エネルギー変換分子デバイス部門/九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター中野谷一准教授九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター野田大貴博士課程コース3年、I2CNER 光エネルギー交換分子デバイス部門/九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター安達千波矢センター長ら、産業技術総合研究所分析計測標準研究部門、細貝拓也主任研究員、米国ジョージア工科大学Jean-Luc Brédas教授Xian-Kai Chen博士らの研究グループは、TADF分子におけるスピン変換過程の詳細なダイナミクス、特にその遷移状態を実験および理論計算の両面で解明することに成功しました。

 

本研究の意義は、解明したメカニズムを分子デザインにフィードバックすることで、有機分子におけるスピン変換特性(例えば発光寿命)を自在に制御できる可能性を示したことです。

本研究は、科学技術振興機構(JST)、 ERATO「安達分子エキシトン工学プロジェクト」(JPMJER1305) 科研費(18H02047,18H03902)の支援を受けて実施されました。本研究成果は2019年9月3日に、英国科学雑誌Nature Materialsオンライン版で公開されました。

 

科学技術振興機構

安達分子エキシトン工学プロジェクト

英国科学雑誌ネイチャーマテリアルズ( Nature Materials)

九州大学News 

有機分子のスピン変換遷移状態を解明 (PDF)

 


≪戻る

page top