WWW I2CNERサイト内
facebooktwitterYouTubeiTunes U


 

HOME > I2CNERについて > 総長からのメッセージ

総長からのメッセージ

カーボンニュートラル・エネルギー社会実現に向けて

九州大学総長 久保千春
九州大学総長 久保千春

 「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」は、文部科学省によって、2007年度に、我が国の基礎研究機能を格段に高め、国際競争力を強化していくために、高いレベルの研究者を中核とした世界トップレベルの拠点形成を目指す構想に集中的な支援を行う制度として創設されました。2010年度、低炭素社会への貢献が期待される環境領域で公募が行われ、本学の「カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)」が全国で唯一採択されました。

 I2CNERは、本学の恒久部局として第2期に入りました。今後は理論、数学、人文社会科学とも連携し、国際的な研究力をあらゆる観点から強化、可視化することにより、更なる発展を目指します。そのためにも、テニュア教員の拡充やクロス・アポイントメント制度を活用し、優れた研究者の確保に努めます。

 I2CNERは米国・イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にサテライトを設置していますが、本学としても一層の連携強化に努めます。2014年度に本学とイリノイ大学は大学間学術・学生交流協定を締結しました。相互の主任研究者のサバティカル制度等を活用した両大学間の研究者のより活発な交流や、ジョイント・ディグリー等による学生交流の促進を図り、研究の高度化と教育の国際化を目指します。また、九州大学学術研究・産学官連携本部とイリノイ大学Office of Technology Management間の連携を強化することにより、知的財産の管理や国内外の技術移転を促進し、産業界との共同研究を加速します。

 このように、世界最先端のカーボンニュートラル・エネルギー研究所としてのI2CNERの成功を確実にするため、本学としても総力を挙げて取り組んでいく所存ですので、皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

page top