English 日本語

予約画面
ログイン

機器: 404 - TG-DSC同時測定装置+発生ガス分析システム/STA 449F3 Jupiter + STA-QMS/GC|Simultaneous Thermal Analysis Apparatus (TG-DSC)+Quadrupole Mass Spectrometer Coupling/STA 449F3 Jupiter+ STA-QMS/GC
開始時刻: 2018/04/28 00:00
終了時刻: 2018/05/06 23:30
所要時間: 215.5 時間
予約者: 藤崎 貴也 (takaya_fujisaki)
教員名: 松本 広重
Eメールアドレス: takaya.fujisaki.328@s.kyushu-u.ac.jp
TEL: 6706
使用記録:
(測定条件等):
 一つの試料に対する温度変化として、
50℃(60分保持)→1200℃(234分かけて昇温,(5℃/分))→1200℃(60分保持)→50℃(234分かけて降温,(5℃/分))
を1サイクル(約10時間)とする。再現性を確かめるため3サイクル(約30時間)行う。
 水分圧の依存性を確かめるため、一つの試料あたり、バブラーの温度を調整してP(H2O)=950Paと、P(H2O)=475Paとで行う。
 試料がAl2O3坩堝のみ、Al2O3坩堝+Y-doped SrCeO3, そしてAl2O3坩堝+Y-doped SrZrO3の3サンプル測定する。
所属部門: 電気化学エネルギー変換|Electrochemical Energy Conversion
最終更新: 18:31:32 - Wednesday 25 April 2018
tel:
Takaya Fujisaki: 09073990583
e-mail: 3ES16102N@s.kyushu-u.ac.jp